美容整形で美しくなる

傷跡はそれほど目立つ事はない豊胸手術

豊胸手術とは、胸を大きくする手術のことを言います。

胸は女性らしさの象徴でもあり、女性の多くは大きな胸になることに憧れると思います。
コンプレックスを解消し、自信を持てるようになるのならそれはとても良いことだと思います。

脂肪やヒアルロン酸を使用した注射を用いて行う豊胸手術であれば、傷跡はそれほど目立つ事はないでしょう。

しかし、大きなシリコンを注入するにはどうしてもメスが必要になってきます。胸ではなく脇の下を切開して手術が行われる事もあります。

しかし、目立ちにくい場所ではありますが、傷が残ってしまう事もあります。特にケロイド体質の人は傷が完治しても目立ってしまう事もあるようです。健康には特に問題ない様ですが、豊胸手術は見た目をきれいにするために受けますので、やはり傷はきれいに完治したいですね。

どうしても跡が残ってしまった場合には、傷跡を消すための手術を行う事もあるそうです。

豊胸手術は痩せている女性も胸を増やせる

ダイエットを行うと、胸の脂肪も減ってしまいます。胸を作っているのは脂肪ですが、脂肪の量が減少していくと、胸が小さくなってしまいます。胸が大きかった時代から、ダイエットをしていることでどんどん小さくなってしまい、貧乳に見えてしまうこともあります。

美容整形では、痩せている女性もシリコンを入れることで豊胸手術を行い、更に大きな胸に仕上げることも可能です。また、脂肪注入という方法を使っていれば、痩せているのに胸にだけ脂肪がしっかりと入り、理想的な体を作ることも可能です。体を良い物に変えたいなら、豊胸手術も検討してみましょう。

豊胸手術で理想のプロポーションを手に入れる

豊胸手術の脂肪注入法というのは、サイズダウンをしたい太ももや背中といった脂肪を採取して、バストに注入します。これでバランスのとれた理想的なスタイルに変身できる、美容整形手術となっています。痩身効果とバストアップを一緒に行うことができる施術方法です。

自分の脂肪を使用しているので、拒否反応が出ることもありませんし、安全に施術を受けることができます。カニューレできれいな脂肪を取りだし、食塩水で洗浄したあと、豊胸手術に適している脂肪だけを選び胸に注入していきます。脂肪注入法では、脂肪を注入していくので自然な仕上がりにすることができます。

豊胸手術はボディラインを作ることができる

脂肪注入法での豊胸手術は、理想的なボディラインを作りだすことができる美容整形手術です。細くしたい部位である背中や太ももなどの脂肪を吸引し、胸に注入することで、部分痩せをしながら、バストアップをすることができます。

豊胸手術自体も、自分の脂肪を使用する為、安全ですし、拒否反応などを起こすことがありません。良質な脂肪を取り除くことができるので、肌触りの良い仕上がりですし、傷跡もとても小さいので、バストアップをしたことを周囲にばれることがありません。触られてもわからないことが多いですので、本当にきれいにバストアップをすることができます。

豊胸手術に無理はNG

豊胸手術・脂肪注入に関しては美容整形の中でも大きな施術に入りますので、無理はNGです。例えば施術の後すぐに遊びに行く予定を立ててり、後日すぐに旅行に行くといった計画はまず避けた方が無難でしょう。おそらく痛みで旅行どころではないと思います。

また施術2.3日はシャワーもできれば避けるようにと言われるかと思いますので誰かとお風呂に入ることもできません。体の調子を第一に考えるのであれば金曜日の夜施術を受け、土日しっかり休み、できれば月曜日も有休を取る気持ちでいるくらいがピッタリなのではないでしょうか?こちらのスケジュールならかなり安心です。

関連

メニュー

TOP 美容整形 脂肪吸引 安全性が確保できる美容外科 豊胸術 サイズにこだわる豊胸手術 左右対称を目指した美容整形

ページトップ